NEWS

LEAGUE
TEAM
2021年10月18日

クボタスピアーズ船橋・東京ベイ、リーグワン初! 東京都江戸川区と「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結

クボタスピアーズ船橋・東京ベイより、江戸川区との「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」について発表がありましたので、ご紹介します。

クボタスピアーズ船橋・東京ベイは、「SDGs未来都市」に選定されるなど、国連が定めた持続可能な開発目標「SDGs」を推進する江戸川区とSDGsの目標達成に向けて相互に連携・協力して取り組むことを柱とした協定書の締結を行いました。調印式は10月13日に、江戸川区陸上競技場で行われたクボタスピアーズ船橋・東京ベイチーム方針発表会で行われ、江戸川区からは斉藤猛区長、クボタスピアーズ船橋・東京ベイからは木村一尋ラグビー部長が署名を行い、連携協定の調印がなされました。チームと自治体のSDGs単独での連携協定は、リーグワン所属チームでは初の締結となります。

東京都江戸川区と「SDGs推進に係る連携と協力に関する協定」を締結

【締結に至った背景】

クボタスピアーズ船橋・東京ベイは、江戸川区陸上競技場で2019年に公式戦を開催したことをきっかけに、2020年9月にラグビーを通じた地域振興や青少年の健全育成を目的とした連携協定を締結しました。翌年2021年に行われたトップリーグ2021では計3試合を江戸川区陸上競技場で開催し、区内でのラグビー教室といった普及活動も進めていきました。また、こうしたラグビー活動だけではなく、公式戦試合会場での古着・古布リサイクル回収や、区内の子ども食堂や障がい者施設への食材提供など、SDGsを推進する活動を継続的に行ってきたことで、今回の締結に至りました。
本協定を結ぶことで相互の緊密な連携と協力により、「ともに生きるまち・共生社会」の実現に向けて、SDGsの取組みを推進することを目的としています。

江戸川区とのこれまでの取り組み

【今後の活動について】

本協定に係る活動として、2021年11月7日に、葛西海浜公園で「東なぎさクリーン作戦」を実施します。
普段は立ち入り禁止とされている葛西海浜公園内東なぎさに船で渡り、漂着ごみを回収します。
それを皮切りに、江戸川区と連携した活動を随時実施し、現在50件以上の連携活動を計画しております。

【参考】
・東京都江戸川区との連携協定を締結
http://www.kubota-spears.com/news/2020/09/25/170000.html
・江戸川区とのSDGs推進活動第1弾 試合会場での洋服リサイクル活動
http://www.kubota-spears.com/news/2021/03/05/150000.html
・江戸川区とのSDGs推進活動第2弾 江戸川区の子ども食堂へ食材提供
http://www.kubota-spears.com/social-contribution/2021/03/26/150000.html
・江戸川区とのSDGs推進活動第3弾 障がい者支援施設へ食材提供
http://www.kubota-spears.com/social-contribution/2021/07/21/140000.html