2022.05.25 NTTリーグワン 2022 プレーオフトーナメント準決勝レポート(東京SG 30-24 BL東京)


NTTジャパンラグビー リーグワン2022 プレーオフトーナメント準決勝
2022年5月21日(土) 14:30 東大阪市花園ラグビー場 (大阪府)
 東京サントリーサンゴリアス 30-24 東芝ブレイブルーパス東京

東芝ブレイブルーパス東京のトッド・ブラックアダー ヘッドコーチ(左)、小川高廣 共同キャプテン

東芝ブレイブルーパス東京
トッド・ブラックアダー ヘッドコーチ

「自分達のチームを誇りに思うし、がっかりもしている。今日は、自分達にプレッシャーを掛けてしまいボールを持っている時は自分達のプレーができていたが、ここから学ぶことでさらに良くなりたい。トライできたところもあったが、ちいさなところで逃し良い経験ができトーナメントのプレッシャーを感じた」

──後半残り20分の実行力が落ちてきた理由の反省材料は。

「小川キャプテンと同感で最後のラインアウトではボールを獲得できる選択肢を選ぶべきだった」

東芝ブレイブルーパス東京
小川高廣 共同キャプテン

「今日はフィジカルなバトルになると思い挑んだ。フィジカル面では、上回っていると感じたが上位チームの場馴れの違いが出たのかと思う。来週もこの緊張感を楽しみ準備していきたい」

──後半残り20分の実行力が落ちてきた理由の反省材料は。

「最後の部分では、ラインアウトで苦しみボール獲得最優先で判断し残り20分をボールキープしていれば、プレッシャーを掛けることができていたと思う」

──前半の2つ目のペナルティ、後半28分のショット狙えるところの判断は。

「フォワードのバトルでは勝てる自信があった。相手には良いキッカーがいるので得点差を拡げプレッシャーを掛け22Mラインに入っての得点力を信じてタッチを狙っていった」

──冷静になれず最終的に反則に繋がったのはグラウンドでどのように感じでいたのか。

「ブレイクダウンでレフリーのコールが自分達のプレーで聞こえなく、回りが見えなくなり冷静さをなくしてしまった」

──前半の良いぺースで上手くいっていた感覚は。

「感覚的に風上でしっかりリードし前半最後に追い付かれ引き離すことができず、リズムに乗れなかったが、後半最初にスコアでき流れを掴もうとしたが、ペナルティは惜しかった」

東京サントリーサンゴリアスのミルトン・ヘイグ監督(左)、中村亮土キャプテン

東京サントリーサンゴリアス
ミルトン・ヘイグ監督

「今シーズン、プレシーズンを含めた対戦でも每試合タフな試合で今日も例外なくフィジカル的に厳しい試合だった。前半20分良いプレーをしたが後半は、ひとつ間違えればという状況。ファンも満足していると思う」

──メンバー構成で、タタフ選手がリストに入っていなかった理由は?

「まず、ショーン・マクマーンに関しては、キャノン戦で肩を痛め手術をし回復には時間がかり、セレクションから外した。テビタ・タタフ選手に関しては、体調不良だが来週のセレクションには入ってくる」

東京サントリーサンゴリアス
中村亮土キャプテン

「前回も今日の試合でも相手から良い影響を与えられていると思う。お互い良いところを出しあい観客の皆さんが満足できる試合ができたと思う」

──今日のゲーム運びでエリア取り、意識の選択でプレッシャーを受け冷静に組み立てている印象だったが。

「これまでの戦い方と違いファイナルラグビーの中、ミーティングを重ね意思統一し組み立て、メンタル的にも遂行でき頼もしいと感じた」

──準決勝で見せられた強みと決勝に向けての修正ポイント、決勝で勝ち初代チャンピオンになる意味を聞きたい。

「サントリーは、アタッキングラグビーのチームでダイナミックなラグビーを決勝で披露すること。修正ポイントはペナルティ。コントロールできるところを修正していきたい。リーグワン初代チャンピオンと口にするが、最後に優勝したい気持ちでやってきたのでこのチームと仲間と共に笑顔で終わりたい」

──ダミアン選手がショットを外した場面があったりしたが後半を含めての判断を聞きたい。

「前半は風下で、入らなくても心配はなかった。後半は、風上になったので蹴りやすいポジションでは優先してPGを狙った」

──7点差をつけられたところでは気に止めていなかったのか。

「80分間の中で勝つことを考えていたので、スコアプレッシャーとリスクを考えて対戦していた」

──前半キックも入らなかったが、尾崎選手のインターセプトトライでチームの雰囲気がどう変わったか。

「かなり大きかった。我慢比べの時間帯で相手に大きなダメージだったと思う」

──後半の実行力をどのように見ているか。

「強みとして誰が出ても体現できるところで、インパクトで出てきたメンバーもしっかり仕事をし、良いエナジーを与えたところが頼もしかった。全体的にフォワードが良かったので来週も頑張ってほしい」

──東芝ブレイブルーパス東京と対戦した印象は。

「めちゃくちゃ強い。少しでも隙を与えたらどんどんゲインラインを越えてくるが、コンタクトでいつも通りの役割を遂行し皆が100%実行できたと思う」

ニュースの一覧へ