2022.05.25 NTTリーグワン 2022 D2/D3 入替戦 第1戦レポート(SA広島 24-30 江東BS)

NTTジャパンラグビー リーグワン2022 ディビジョン2/ディビジョン3 入替戦 第1戦
2022年5月21日(土) 12:00 パロマ瑞穂ラグビー場 (愛知県)
 マツダスカイアクティブズ広島 24-30 清水建設江東ブルーシャークス

清水建設江東ブルーシャークスの大隈隆明監督(左)、松土治樹ゲームキャプテン

清水建設江東ブルーシャークス
大隈隆明監督

「ディビジョン2のマツダスカイアクティブズ広島さん相手とあって、チャレンジャーとして準備してきました。
前半は、スカイアクティブズ広島さんの激しいプレーで、ブレイクダウンでプレッシャーを受けてしまいました。後半は、自分達のラグビーに立ち返る事ができ、選手たちには感謝しております。
次戦はホームである江東区夢の島競技場で戦うことができるので、しっかり修正して臨みたいと思います。本日はありがとうございました」

──ディビジョン2のチームとの試合でしたが、手強いと感じたところは?

「ブレイクダウンでの2人目の寄りの速さやフィジカルの強さを感じました。結果、前半はテンポが出なかったので、その点を次戦に改善したいと思っています」

──後半に向け、どの点を修正指示したのか?

「激しいコンタクト、素早いフォロー等、シンプルなプレーに立ち返ることを指示しました」

清水建設江東ブルーシャークス
松土治樹ゲームキャプテン

「本日は、皆さまありがとうございました。
前半、マツダスカイアクティブズ広島さんのフィジカル面の強さで受けてしまって、自分達の思うような試合ができませんでした。後半は、しっかり準備してきた事ができるようになりました。今日の試合に向け、試合に出ることのできないバックアップチームのお蔭で良い準備ができました。次戦に向け、1週間しっかり準備していきたいと思います」

──ディビジョン2のチームとの試合でしたが、手強いと感じたところは?

「リアクションの部分で差があると感じました。あと1週間で、修正していきたいと思います」

──後半は、どのような点を修正したか?

「監督と同様の回答ですが、選手間でシンプルなプレー、強いプレーに立ち返ろうと話していました」

清水建設江東ブルーシャークスのオルビン・レジャー選手

清水建設江東ブルーシャークス
オルビン・レジャー選手

──前半は中盤エリアでの激しいコンタクトが続いたが、ゲームメーカーとしてどのように考えていたか?

「マツダスカイアクティブズ広島さんのフィジカリティが良く、プレッシャーを感じていました。スキルを使って攻めようとトライしましたが、精度が良くなかったと思います」

──後半、そこを改善できたのはなぜか?

「自分達が何をするのか明確になったからだと思います。自分達のコールを信じることができ、チャンスを確実にものにしようとする意識ができました」

──後半、チーム内でどのような会話をしていたか?

「陣地を意識して戦おうと話していました。前半は、中盤で戦う時間が長かったので、相手陣で戦う事を意識していました」

──後半、ゲームの組み立て方を変えたか?

「キック面は変えたが、大きくは変えていません」

──後半トライに繋がるキックのミスがあったが、あのキックの狙いはどのようなものだったか?

「外にスペースがあったので、そこを狙って蹴りました。自分のキックの精度が悪く、バウンドも良くなかった。ただ、今後もチャンスがあれば狙っていきたいと思っています」

マツダスカイアクティブズ広島の中居智昭ヘッドコーチ(左)、亀井康平 共同キャプテン

マツダスカイアクティブズ広島
中居智昭ヘッドコーチ

「本日は、ありがとうございました。
この試合に向けしっかり準備をし、強い気持ちをもって試合に臨んだが、清水建設江東ブルーシャークスさんの集中力が上回って負けてしまいました。清水建設江東ブルーシャークスさんは、長いフェーズでの戦いに強みがあると分析していましたが、そこに対応しきれなかった事が敗因だったと感じています」

──フィジカル面でどのように感じたか?

「ボールキャリアが2歩3歩前に出ていたので、フィジカル面では負けていなかったと感じています。モールでも自分達の強みを発揮することができました」

マツダスカイアクティブズ広島
亀井康平 共同キャプテン

「本日は、皆さまありがとうございました。
80分間、慢心せずにひた向きにプレーできなったことが敗因だと考えております。次戦に向け、必ず修正していきたいと思っております」

──フィジカル面でどのように感じたか?

「前半は、フィジカルバトルで勝てたと思っています。ただ、後半は清水建設江東ブルーシャークスさんに流れが変わってしまい、フィジカルファイトで負けてしまいました。来週に向け、この部分を修正していきたいと思っております」

──後半、接点の作り方、動かし方で違いを感じたのでしょうか?

「後半、清水建設江東ブルーシャークスさんは、エリアを取ってきました。エリアマネジメント・フィジカルファイトで負けてしまいましたので、しっかり修正していきます」

ニュースの一覧へ