2022.05.30 「NTTリーグワンアワード2022」受賞者決定のお知らせ

NTTジャパンラグビー リーグワン2022の年間表彰式「NTTリーグワンアワード2022」の各賞受賞者が決定しましたのでお知らせいたします。

NTTリーグワンアワード2022 受賞者一覧

チーム表彰

チーム
ディビジョン1(D1)優勝埼玉パナソニックワイルドナイツ
ディビジョン1(D1)2位東京サントリーサンゴリアス
ディビジョン1(D1)3位クボタスピアーズ船橋・東京ベイ
ディビジョン1(D1)4位東芝ブレイブルーパス東京
ディビジョン2(D2)優勝花園近鉄ライナーズ
ディビジョン3(D3)優勝豊田自動織機シャトルズ愛知
フェアプレーチーム賞(D1)埼玉パナソニックワイルドナイツ
フェアプレーチーム賞(D2)三菱重工相模原ダイナボアーズ
フェアプレーチーム賞(D3)豊田自動織機シャトルズ愛知

個人表彰

受賞者チーム
MVP堀江 翔太埼玉パナソニックワイルドナイツ
新人賞根塚 洸雅クボタスピアーズ船橋・東京ベイ
得点王ダミアン・マッケンジー東京サントリーサンゴリアス
最多トライゲッターディラン・ライリー埼玉パナソニックワイルドナイツ
 山下 楽平コベルコ神戸スティーラーズ
ベストキッカーエスピー・マレー横浜キヤノンイーグルス
ベストラインブレイカー根塚 洸雅クボタスピアーズ船橋・東京ベイ
ベストタックラー小澤 直輝東京サントリーサンゴリアス
優勝ヘッドコーチ賞(D1)ロビー・ディーンズ埼玉パナソニックワイルドナイツ
優勝ヘッドコーチ賞(D2)水間 良武花園近鉄ライナーズ
優勝ヘッドコーチ賞(D3)徳野 洋一豊田自動織機シャトルズ愛知
ベストホイッスル賞久保 修平-

 

 受賞者チーム
ベストフィフティーンPR1稲垣 啓太埼玉パナソニックワイルドナイツ
HO堀江 翔太埼玉パナソニックワイルドナイツ
PR3オペティ・ヘルクボタスピアーズ船橋・東京ベイ
LOジェイコブ・ピアス東芝ブレイブルーパス東京
ジョージ・クルーズ埼玉パナソニックワイルドナイツ
FLコーバス・ファンダイク横浜キヤノンイーグルス
マット・トッド東芝ブレイブルーパス東京
NO.8クワッガ・スミス静岡ブルーレヴズ
SH小川 高廣東芝ブレイブルーパス東京
SOアイザック・ルーカスリコーブラックラムズ東京
WTBマリカ・コロインベテ埼玉パナソニックワイルドナイツ
根塚 洸雅クボタスピアーズ船橋・東京ベイ
CTBディラン・ライリー埼玉パナソニックワイルドナイツ
サム・ケレビ東京サントリーサンゴリアス
FBダミアン・マッケンジー東京サントリーサンゴリアス

 

プレーヤーズ・チョイス・プライズ

プレーヤーズ・チョイス・プライズとは、選手たちが自ら受賞対象選手を選ぶ賞です。
NTTジャパンラグビー リーグワンに所属する全24チームの選手によって選出する賞として新設されました。
スタッツだけでは表れない、選手たちが直に感じたプレーや活動に対して敬意を表し、表彰するものです。

【賞】

プレーヤー・オブ・ザ・シーズン
対戦相手として、最も苦しめられた選手に贈られる賞

ゴールデンショルダー
数字には表れない、実際に受けたタックルから選ぶベストタックラーに贈られる賞

社会貢献賞
積極的に社会貢献活動に寄与した選手またはチームに贈られる賞

【選出方法】
 NTTジャパンラグビー リーグワン 全24チームの全選手を対象に投票を依頼し、回答があった506名の投票結果を基に選出されました。(投票期間は5月11日~5月22日)

受賞者チーム
プレーヤー・オブ・ザ・シーズン(D1)堀江 翔太埼玉パナソニックワイルドナイツ
プレーヤー・オブ・ザ・シーズン(D2)クウェイド・クーパー花園近鉄ライナーズ
プレーヤー・オブ・ザ・シーズン(D3)パディー・ライアン宗像サニックスブルース
ゴールデンショルダー(D1)山本 凱東京サントリーサンゴリアス
ゴールデンショルダー(D2)野中 翔平花園近鉄ライナーズ
マイケル・リトル三菱重工相模原ダイナボアーズ
ゴールデンショルダー(D3)森山 皓太中国電力レッドレグリオンズ
社会貢献賞シャイニングアークス東京ベイ浦安
【Orihimeを使ったE Cheer UPプロジェクト】
受賞理由:遠隔操作型の分身ロボ、オリヒメを使ったラグビー選手と地域の人々をつなぐ新しいコミュニケーションの先進的な取り組み。スポーツの未来への可能性を感じさせた。
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ogka-lgkgkd-bd4ad0e46b7117985781943bd8f4ccae


■個人賞記録一覧

受賞者チーム記録
得点王ダミアン・マッケンジー東京サントリーサンゴリアス191得点 [7T/48G/20PG]
最多トライゲッターディラン・ライリー埼玉パナソニックワイルドナイツ11トライ
 山下 楽平コベルコ神戸スティーラーズ11トライ
ベストキッカーエスピー・マレー横浜キヤノンイーグルス92.1%
[PG (8/10), G:(27/28)]
ベストラインブレイカー根塚 洸雅クボタスピアーズ船橋・東京ベイ22回
ベストタックラー小澤 直輝東京サントリーサンゴリアス87.3%

<選出基準>

●ベストキッカー
NTTリーグワン2022 D1 リーグ戦第16節終了時点においてPGとGが規程回数以上で成功率が最大の選手
[規程回数:34.9回]レギュラーシーズン総キック数から1チーム当たりの平均キック数(69.8回)を算出。その50%以上を規定回数と設定


●ベストラインブレイカー(データ提供:Opta)
NTTリーグワン2022 D1 リーグ戦第16節終了時点においてラインブレイク数が最も多かった選手
[対象選手]
➀一定の出場割合(所属チームの実施試合数の50%以上)の選手が対象(途中出場も含む)
※ラインブレイクとは、ディフェンスラインをランニング、キック、インターセプトで突破した回数


●ベストタックラー(データ提供:Opta)
NTTリーグワン2022 D1 リーグ戦第16節終了時点においてタックル数が上位かつ成功率の最も高い選手
[対象選手]
①一定の出場割合(所属チームの実施試合数の50%以上)の選手が対象(途中出場も含む)
②Optaデータのタックル数の合計が上位トップ10の選手
③タックル数トップ10の選手の中で成功率の最も高い選手

■100試合出場達成選手

今シーズン100試合出場を達成した選手(ジャパンラグビー トップリーグのリーグ戦とリーグワンの公式戦出場の通算記録)※達成順

選手チーム
田村 優横浜キヤノンイーグルス
森 雄基リコーブラックラムズ東京
リーチ マイケル東芝ブレイブルーパス東京
ツイ ヘンドリック東京サントリーサンゴリアス
松岡 勇花園近鉄ライナーズ
三上 正貴東芝ブレイブルーパス東京


■ベストフィフティーン獲得ポイント数(上位)


■新人賞獲得ポイント数
※3位以下同順位多数

■ベストフィフティーン/新人賞ファン投票結果(ファン投票総数:3,621票)

 

【参考】受賞回数(ジャパンラグビー トップリーグからの通算記録)

※受賞回数はすべての賞においてジャパンラグビー リーグワンとしては「初」となります。以下の記録は、トップリーグからの通算記録を参考として記載しています。
※ジャパンラグビー トップリーグ2020 は開催中止となったため、連続受賞回数のカウント対象外としています。


ニュースの一覧へ