2022.07.07 東京サントリーサンゴリアス・東芝ブレイブルーパス東京・リコーブラックラムズ東京、「TOKYO UNITE」始動

東京サントリーサンゴリアス・東芝ブレイブルーパス東京・リコーブラックラムズ東京より、新プロジェクト「TOKYO UNITE」について発表がありましたので、ご紹介します。

東京をホームタウンとする14のスポーツチーム・団体による新たなプロジェクト「TOKYO UNITE」が始動

このたび、東京サントリーサンゴリアス、東芝ブレイブルーパス東京、リコーブラックラムズ東京は、東京をホームタウンとする14のスポーツチーム・団体が協力しあい、新たな価値を生み出すために発足したプロジェクト「TOKYO UNITE」に参加することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

「TOKYO UNITE」は、東京をホームタウンとする14のスポーツチーム・団体が、競技の壁を越えて協力し合い、新たな価値を生み出すことを目的とした社会イノベーションおよびコ・マーケティングプロジェクトです。14のチーム・団体が相互に知見やノウハウを共有することで、東京におけるスポーツの発展やブランディング向上に寄与していくほか、東京が抱える様々な社会課題と向き合い、関係するステークホルダーと連携し、アクションを起こしていきます。また、「TOKYO UNITE」に参加するチームのファン層の拡大、およびファンの皆様が通年でスポーツ観戦や、スポーツを介した様々な体験を楽しめる環境づくりを実現します。

主な活動内容

①参加チーム・団体による相互マーケティング

東京におけるスポーツ観戦をもっと楽しくするために、14のチーム・団体が課題の共有や、それぞれが持つソリューションを提供し合うことで連携・協力を深めていきます。チーム同士のコラボレーションや共同でのプロモーション、イベントの実施などにより、ファンの皆様が通年でスポーツを楽しめる環境づくりを実現していきます。

②共同でのグッズ開発、店舗等での販売

14チーム・団体として共同で観戦グッズやアパレル商品などを開発していきます。東京を代表するカルチャー及びコンテンツとのコラボレーショングッズなども展開し、新たな魅力を醸成します。2023年からはそれらの商品を販売するリアル店舗を都内にオープンするべく準備を進めています。(詳細は後日発表いたします)

③社会課題と向き合い、発信やアクションを起こしていく

スポーツの体験イベントなどを開催し、子どもたちがスポーツをできる環境、機会をひろげていきます。また、相対的貧困など様々な困難を抱える子どもたちへの支援、情報発信を行っていきます。東京都が取り組む「こどもスマイルムーブメント」とも連携をしていきます。

プロジェクト発足の意図

■世代・種目の壁を越えた、東京のスポーツファンの繋がりを形成する

TOKYO UNITEは、これまで難しかった各競技間での連携、さらには世代を超えた相互のファンが壁を越えて、他競技のファンにもなっていくことを実現したいと考え発足したプロジェクトです。

■東京のプロスポーツチーム全体のブランドアップを実現し、世界都市TOKYOをホームとするチームの価値を向上させる

東京、そして日本を代表する様々なカルチャーと東京をホームタウンとするスポーツチーム・団体がコラボレーションをすることで、各チームの価値、ブランドアップを実現し、海外からも注目を集めることを狙いとします。

■世界都市TOKYOの一員として、グローバルなムーブメントにも関与していく

東京オリンピック・パラリンピックでも大きな注目を集めた「ダイバーシティ&インクルージョン」、そしてSDGsの取り組み等、グローバルなムーブメントと連動することで、世界都市TOKYOをスポーツの観点からアピールできるものと考えています。

■東京が抱える社会課題についての問題提起、地域コミュニティへの参加

参加チーム・団体が一丸となることで、大きな発信力が生まれていくものと考えています。その力は、私たちのホームタウンである東京が抱える社会課題についての発信やアクション、地域コミュニティの活性化などに寄与できると考えています。

TOKYO UNITEのビジョン/ミッション/バリュー

■ビジョン(TOKYO UNITEが描く将来像)
-子どもたちがあらゆる可能性を持てる社会に。
-私たちのホームタウンであるTOKYOを、世界でもっともエネルギーに満ちた都市に。

■ミッション(TOKYO UNITEの目的)
-東京の様々なカルチャー、クリエイターらとコラボレーションをすることで、東京の魅力を最大化させる。
-子どもたちがスポーツをできる環境、機会をひろげ、行動するきっかけをつくる。
   また、様々な困難を抱える子どもたちをサポートするために、発信等に取り組んでいく。

■バリュー(TOKYO UNITEの行動基準)
-参加する14チーム・団体、そして関係する様々なステークホルダーとフラットで持続性のある関係をつくり、
  「コレクティブ・インパクト」(※)を生み出す。
 (※)様々な立場の関係者が、組織の壁を越えて社会問題を解決するアプローチのこと
   -多様性(ダイバーシティ&インクルージョン)を尊重し、様々な人がまじりあう拠点でありつづける。

各クラブ代表者コメント

■東京サントリーサンゴリアス ゼネラルマネージャー 田中 澄憲

「TOKYO UNITEという新たな取り組みに参画できることは非常に楽しみです。世界的にも、各国の首都には、歴史ある名門クラブが拠点を置き、名実ともに各国のスポーツ界のアイコンとなっています。TOKYO UNITEにも、各競技団体を代表するクラブが終結し、クラブが横のつながりを持って、TOKYOからスポーツを通じて、日本国内にとどまらず世界中に勇気や感動を届け、社会にもエネルギーを与えるような活動が出来れば素晴らしいと考えております。」

■東芝ブレイブルーパス東京株式会社 代表取締役社長 荒岡 義和

「TOKYO UNITEを通じて多くのチームと連携することで、東京で生活する人々にスポーツをする楽しみや観る楽しみを共有する機会を創出できることに非常に魅力を感じております。
そして、我々東芝ブレイブルーパス東京はラグビークラブとして『ONE TEAM』の精神をもって社会的課題の解決などに関わることで、スポーツの意義や価値を高めていくことに貢献しTOKYO UNITEを魅力的な活動にしていきたいと考えております。」

■リコーブラックラムズ東京 ゼネラルマネージャー 西辻 勤

「TOKYO UNITEは、これまで難しかった各競技間のさまざまな連携を実現し、相互のファンが競技の壁を越えて他チームの
ファンになっていくと信じています。ホームエリアである首都・東京から新たなムーブメントを起こしていくこの一員であることを光栄に思うとともに、私たちブラックラムズ東京としても積極的に取り組んでいきます。」


ニュースの一覧へ