2022.08.01 NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23、ディビジョンおよびカンファレンス編成 (更新)

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23のディビジョン編成、およびディビジョン1のカンファレンス組み分けが決定いたしましたのでお知らせいたします。NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23に参加するチームは全23チームとなり、ディビジョン分けは以下の通りです。(※ 7月26日発表 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安の再編成に伴う新チーム 「浦安D-Rocks」を追記)

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23は全てのディビジョンが2022年12月に開幕する予定です。大会フォーマット、および対戦カード、試合スケジュールの詳細は決定次第、お知らせいたします。なお、対戦カード、試合スケジュールの発表は8月下旬から9月上旬頃を予定しています。

■NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 ディビジョン編成

■NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 ディビジョン1 カンファレンス組み分け

カンファレンスAカンファレンスB
埼玉ワイルドナイツ(D1/1位)東京サンゴリアス(D1/2位)
東芝ブレイブルーパス東京(D1/4位)クボタスピアーズ船橋・東京ベイ(D1/3位)
トヨタヴェルブリッツ(D1/5位)横浜キヤノンイーグルス(D1/6位)
静岡ブルーレヴズ(D1/8位)コベルコ神戸スティーラーズ(D1/7位)
ブラックラムズ東京(D1/9位)グリーンロケッツ東葛 (D1/12位)
三菱重工相模原ダイナボアーズ(D2 3位)花園近鉄ライナーズ(D2 1位)

※カンファレンスは、NTTジャパンラグビー リーグワン2022の順位を基に振り分け
※( )内はNTTジャパンラグビー リーグワン2022の最終順位

ニュースの一覧へ