2022.05.06 トヨタヴェルブリッツ、第16節中止のお知らせ──5月7日(土)東京サントリーサンゴリアス戦

トヨタヴェルブリッツより、ディビジョン1 第16節、東京サントリーサンゴリアス戦中止について発表がありましたので、ご紹介します。

ジャパンラグビーリーグワンは、5月7日(土)にパロマ瑞穂ラグビー場での開催を予定していた、NTTジャパンラグビーリーグワン2022ディビジョン1第16節 トヨタヴェルブリッツ vs 東京サントリーサンゴリアスの開催中止を決定しましたのでお知らせいたします。
トヨタヴェルブリッツは、5月2日 (月) に実施したリーグ定期検査において選手3名が陽性判定を受けました。翌5月3日(火)に陽性判定者を除いた選手・スタッフ全員のPCR検査を実施し、全員の陰性が確認できたため、5月5日(木)の48時間前に試合メンバー登録を実施しました。
その後、全体練習に参加していた選手1名が体調不良を訴えた為、再度検査を行ったところ、陽性と判定されました。
その時点で、他の選手への感染および濃厚接触の疑いがあるため、一般社団法人ジャパンラグビーリーグワンと協議し、「ジャパンラグビー リーグワン2022シーズン公式戦実施要項」第47条および新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに基づき、開催中止を決定しました。

このような形で、みなさまへの最終戦終了のお知らせをすることを本当に残念に思います。
今後のチーム活動に関しましては、確定次第ご連絡させて頂きます。

第16節 チケットの払い戻しについては、後日トヨタヴェルブリッツの公式ウェブサイト
https://sports.gazoo.com/verblitz/)を確認ください。

【参考】「ジャパンラグビー リーグワン2022シーズン公式戦実施要項」

第47条〔試合の中止(試合開始前の停止)〕

(1)試合は、悪天候や地震等の天変地異、公的機関からの中止勧告、または公共交通機関の停止等(以下、総じて「不可抗力」という)、もしくはチームの責により中止となる場合がある。

(2)試合の中止および中止理由(不可抗力またはチームの責)は、以下各号の通り決定する。
① 当該試合を開催するスタジアムの開場まで:
代表理事が、主管運営代表者との協議に基づき決定する。なお、新型コロナウイルス感染症に起因する場合は、専門家との協議を併せて実施する。
② 前号の開場以降キックオフまで:
マッチコミッショナーが、主管運営代表者、マッチマネージャー、ベニューマネージャー、およびマッチオフィシャルとの協議に基づき決定する。なお、新型コロナウイルス感染症に起因する場合は、専門家との協議を併せて実施する。

(3)試合の中止理由が不可抗力の場合、以下各号の通りとする。
① 延期が可能な場合:再試合とする。
② 延期が不可能な場合:当該試合は開催されたものとみなし、双方のチームに勝ち点2点ずつを付与する。

(4)試合の中止理由がチームの責に帰す場合、当該試合は開催されたものとみなし、勝ち点の取扱いは以下各号の通りとする。
① 一方のチームの責に帰す場合:その帰責性のあるチームに勝ち点は付与されず、対戦チームに5点を付与する。
② 双方のチームの責めに帰す場合:双方のチームに勝ち点は付与されない。

(5)第3項における試合の延期可否は、代表理事が主管運営代表者との協議に基づき、後日決定する。

 

ニュースの一覧へ