2022.06.03 東芝ブレイブルーパス東京、2021-2022シーズン 勇退選手及びスタッフのお知らせ

東芝ブレイブルーパス東京より、勇退選手・スタッフについて発表がありましたので、ご紹介します。

2021-2022シーズンをもって、東芝ブレイブルーパス東京を勇退する選手及びスタッフを下記の通りお知らせいたします。

■2021-2022シーズン 勇退選手

氏名ポジション在籍期間
田中 圭一PR10年間(2012年~2022年)
知念 雄PR7年間(2015年~2022年)
深村 亮太PR6年間(2016年~2022年)
東口 剛士CTB6年間(2016年~2022年)
※スタッフ転向
ジョニー・ファアウリCTB4年間(2018年~2022年)
巴山 凌輔CTB3年間(2019年~2022年)
平田 快笙HO3年間(2019年~2022年)
アサエリ・サミソニHO1年間(2021年~2022年)
塩田 蔵人PR1年間(2021年~2022年)

■2021-2022シーズン 勇退スタッフ

氏名役職在籍期間
ジョー・マドックアシスタントコーチ(AT)3年間(2019年~2022年)
佐々木 健太主務6年間(2016年~2022年)
成田 雄飛通訳1年間(2021年~2022年)

■トッド・ブラックアダーHCからのコメント
これまでクラブのためにハードワークしていただき本当にありがとうございました。
何かしらの理由でクラブから離れるタイミングは必ず訪れます。しかしクラブとの関係はここで終わりではありません。東芝ブレイブルーパス東京はこれからも君たちのクラブであり続けます。勇退される皆さまのホームであることを忘れないでください。
そして皆さまのご家族にも感謝いたします。良い人間には必ず多くの支えが存在しています。皆さまのキャリアを支えてくれた、ご家族のサポートやハードワークに対して感謝申し上げます。
今後何か新しいチャレンジをする際に、一つのドアが閉じたとき新たなドアが開くということを忘れないでください。
東芝ブレイブルーパス東京で学んだこと、得た経験を未来の活躍に活かしてくれることを願っています。皆さまの今後の活躍を期待するとともに、皆さまの未来がエキサイティングで、やりがいのあるものであり、素晴らしい人間として、素晴らしい人生を生きてくれることを願っています。
これまで全てのご協力に感謝いたします。皆さまは私たちが前進していくこの旅路の大きな一部です。このクラブに対する皆さまのハードワークがあったからこそ、私たちは前進することができています。本当にありがとう。

ニュースの一覧へ