2022.09.16 NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 大会日程決定のお知らせ

開幕は2022年12月17日(土)
初代王者 埼玉ワイルドナイツは東芝ブレイブルーパス東京と初戦 熊谷で激突

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23の大会概要(一部)、大会日程および会場が以下の通り決定しましたので、お知らせいたします。
NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23は、各ディビジョンともに12月17日(土)に開幕し、5月20日にプレーオフトーナメント決勝を予定しています。

開幕節は、ディビジョン1(D1)昨シーズンの優勝チーム、埼玉パナソニックワイルドナイツはホストゲームで昨シーズン4位の東芝ブレイブルーパス東京を、熊谷スポーツ文化公園ラグビー場に迎えます。
ディビジョン2(D2)ではD1昇格を狙う三重ホンダヒートが、新チームに生まれ変わった浦安D-Rocksと対戦。ディビジョン3(D3)は「広島ダービー」となるマツダスカイアクティブズ広島と中国電力レッドレグリオンズの試合、D3に新たに加わったNTTドコモレッドハリケーンズ大阪と九州唯一のリーグワンチーム、九州電力キューデンヴォルテクスのカードで幕を開けます。

D1とD2の大会フォーマットは昨シーズンと変更はなく、D1は12チームを6チームずつのカンファレンスに分け、2カンファレンスのリーグ戦を行った後、上位4チームによるプレーオフトーナメントを行い、最終順位を決定いたします。カンファレンス制の目的は、同カンファレンス内での対戦を増やすことで、各チーム間のホスト試合開催の機会を均等で最大限確保するためであり、他のカンファレンスチームとの対戦機会創出のため、交流戦を実施します。
D2は、2回戦制の総当たりリーグ戦を行った後、上位・下位3チームずつによる順位決定戦を行い、最終順位を決定いたします。
D3は参加チームが6チームから5チームに変更となったため、3回戦の総当たり戦を行い、リーグ戦のみで最終順位を決定するフォーマットで開催いたします。
入替戦はD1下位3チーム対D2上位3チーム、D2下位3チーム対D3上位3チームによる2回戦で行われ、それぞれのチーム間で、上位となったチームは翌シーズンの上位ディビジョンに参加し、下位となったチームは翌シーズンの下位ディビジョンに参加となります。

大会概要、各試合の未定の会場、キックオフ時間やチケットの販売情報等は決定次第リーグワン公式WEBサイトなどで随時お知らせいたします。

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 大会フォーマット・大会日程

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 大会フォーマット

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23 大会日程

ディビジョン日程大会フォーマット
1
2022年12月17日(土)
~2023年4月23日(日)
<レギュラーシーズン/リーグ戦>
2カンファレンス6チーム総当たり2回戦(60試合)
カンファレンス交流戦総当たり戦(36試合)

2023年5月
~5月20日(土)
※決勝以外の日程は調整中
<ポストシーズン/プレーオフトーナメント>
レギュラーシーズン上位4チームによるプレーオフトーナメント(4試合)
2
2022年12月17日(土)
~2023年3月26日(日)
<レギュラーシーズン/リーグ戦>
6チーム総当たり2回戦(30試合)

2023年4月8日(土)~
2023年4月23日(日)
<レギュラーシーズン/順位決定戦>
上位・下位3チーム総当たり順位決定戦(6試合)
3
2022年12月17日(土)
~2023年4月23日(日)(予定)
<レギュラーシーズン/リーグ戦>
5チーム総当たり3回戦(30試合)
入替戦
2023年5月5日(金)
~5月14日(日) (予定)
<ポストシーズン>
D1下位3チーム対D2上位3チームによる 2回戦 (6試合)、
D2下位3チーム対D3上位3チームによる 2回戦 (6試合)

■大会日程一覧は、こちらからご覧ください。
https://league-one.jp/content/schedule_table/div1

■大会日程のPDFファイルは、以下からご利用ください。

開幕に向けたチームコメント

NTTジャパンラグビー リーグワン2022-23の開幕に向け、各チー厶からコメントが届いています。
こちらのPDFからご覧ください

ニュースの一覧へ